抗真菌を詳しく解説

抗真菌は何に効く?

抗真菌は文字通り真菌の生育を阻害することで、殺菌的な作用を示し増殖を抑える医薬品です。農薬に使用されることもありますが、主に真菌によって感染した人の治療に用いられます。真菌とは専門用語でカビのことを指し、人に感染するカビに対して、自身を保護する役割を持つ細胞膜を破壊したり、その成分となるエルゴステロールの生成を阻害します。真菌とは病原微生物の一種で、細菌やウイルスとは異なる生態となっているため、抗真菌で治療の効果が得られるのは真菌のみです。細菌は細菌用の抗生物質、ウイルスは専用のウイルス薬が必要となるので、自分の症状に合わせて治療薬を選択する必要があります。真菌の種類には白癬菌、カンジダ菌、クリプトコッカス、アスペルギルス、ニューモシスチスなどがあり、これらが原因となる症状を治療することができます。カビと聞くと住宅の壁やキッチンなどに繁殖する黒や緑のものを想像しますが、まさにその通りで、空気中にも様々な真菌の胞子が浮遊しています。これらが人体に定着すると皮膚の角質層より深いところに侵入したり、内臓に定着して増殖していきます。真菌による主な症状は白癬菌が原因となる水虫、カンジダ膣炎、肺で増殖を繰り返すアスペルギルス症などで、対応した抗真菌を使用することによって治療ができます。また、抗真菌は外用薬と内服薬の2種類が存在しますが、内服薬は副作用の問題から医療用医薬品に分類され、医師の処方を受けなければ購入することはできませんが、外用薬は安全に使用できることから一般用医薬品として、近所のドラッグストアなどでも購入できるようになっています。水虫の治療薬となるクリームは皮膚科で処方してもらうこともできますが、一般用医薬品とは同じ成分を使用していることが多く、効果はほとんど変わらないのでどちらを使用しても問題はありません。

抗真菌の医薬品の種類

真菌というのはカビやキノコ、酵母の事を指し、中には我々の身体に感染して悪さをする真菌もいて、真菌に感染する事によって発症する感染症を真菌症と言います。
真菌症として有名なものとしては水虫が挙げられますが、その他にも様々な真菌症があります。身体の皮膚の表面や角質で留まる真菌症の事を表在性真菌症、皮下組織や爪に及ぶ場合は深在性皮膚真菌症、身体の内部の臓器にまで及ぶ場合は深在性真菌症とそれぞれ言い、表在性真菌症の場合は体の表面部分であるために外用薬を用いますが、外用薬では効果が薄い場合は内服薬や点滴を用いて治療を行います。抗真菌薬にはいくつか種類がありますが、その仕組みというのは人の細胞と真菌の細胞の違いを利用しています。人の細胞は細胞壁をもたずに細胞膜はコレステロールで主に構成されているのに対し、真菌の場合は細胞壁をもち細胞膜は主にエルゴステロールで構成されているという違いがあります。例えば、抗真菌薬としてアゾール系と呼ばれている抗真菌薬がありますが、アゾール系の場合は真菌の細胞膜を構成するエルゴステロールの合成を妨げる事によって真菌の増殖を抑える作用があります。それに対してポリエン系と呼ばれるものはエルゴステロールそのものを破壊する作用があり、真菌の細胞膜を破壊して細胞の中身を外に出す事によって破壊する事が出来ます。キャンディン系と呼ばれるタイプの場合は、真菌の細胞壁に対して働きかける作用があり、細胞壁の構成成分であるグルカンを合成するための酵素の働きを阻害する事によって細胞壁を作れなくする事で真菌を破壊します。この他にもアゾール系と作用機序はほぼ同じだが構造が異なるアリルアミン系などいくつかありますが、基本的な真菌に対する作用についてはここで述べた事を理解しておけば問題ないです。

抗真菌と真菌の関係

抗真菌と真菌の関係として、まずその言葉の意味から述べると抗真菌とは「真菌に対して抵抗する」こと、真菌とはカビの仲間の生物のことです。よって例えるのであればこの二つは「殺虫剤と虫」の関係と同じだと言えます。そして抗真菌作用、真菌に対して抵抗する力を持った薬が抗真菌薬といった形になります。では抗真菌薬は真菌に対してどういった作用を及ぼして抵抗していくのかというと、これは基本的に真菌自体を死滅させるか真菌の増殖を食い止めるかのどちらかが作用となります。真菌を死滅させるタイプとしてはポリエン系やキャンディン系に分類される抗真菌薬が挙げられ、ポリエン系は真菌の細胞膜を破壊する、キャンディン系は真菌の細胞壁を消失させる形で真菌を死滅させます。細胞膜も細胞壁も真菌の細胞を構成するには必要不可欠な物ですから、薬によってそれを破壊してしまえば細胞そのものが構造を維持することが出来ずに死滅して行くわけです。対して真菌の増殖を食い止めるタイプとしてはアゾール系に分類される抗真菌薬が挙げられます。このアゾール系はエルゴステロールという細胞膜の成分を新しく合成出来ないように働きかけることで新しい真菌の誕生を防いで対処するのです。「増殖を食い止めるだけでは治療にならないのでは」と感じる人もいますが、人体からすればそもそも真菌の存在自体が異物なのですから真菌自体を自然治癒力によって死滅させることは可能です。問題なのはその自然治癒力で対応できないほど真菌が増えてしまうことなのですから、増殖を食い止めれば症状を和らげていくことが出来るのです。ただし抗真菌薬は即座に症状を和らげるために使われる薬ではないため、効果が出るまでには時間がかかります。これは真菌が多く存在するほど時間が長くかかるようになりますから、この点はしっかり確認しておきましょう。
◆抗真菌は水虫の原因になります。
ラミシールで水虫と決着をつける