抗真菌を詳しく解説

エフゲンで治らない水虫は専門医に、抗真菌

エフゲンは水虫の市販薬です。
水虫は白癬菌というカビの1種が、皮膚の角質層に感染する事で発症します。
エフゲンには白癬菌に効く「ウンデシレン酸」が含まれており、殺菌効果が期待できます。
水虫の市販薬は色々なメーカーから販売されていますが、エフゲンは殺菌成分の他に浸透性を高める、「サリチル酸」も配合している点がポイントです。
いくら有効成分を配合していても、皮膚が硬く柔軟性を失っていると、角質層にまで届ける事ができません。
市販薬でケアしても水虫がなかなか治らないという場合、有効成分がきちと白癬菌にまで届いていない恐れがあります。
エフゲンは角質層を軟化させるサリチル酸を配合し、より白癬菌除菌効果を高めているのです。
また、より浸透しやすい液タイプとなっている事から、エフゲンは効果が高い水虫薬として人気となっています。
ただ、場合によってはエフゲンで、治らないケースもあるので注意は必要です。
白癬菌が角質層の奥にまで、感染が広がっていると市販薬では太刀打ちできません。
一見、水虫のように見えても他の皮膚病を、発症している可能性もあります。
足の裏や指の間に違和感や異変を感じたら、まずは皮膚の専門医に診てもらいましょう。
皮膚科では症状が出ている部分の皮膚を削り取り、白癬菌がいないかどうかの検査を行います。
もし、白癬菌がいた場合は抗真菌成分を配合した、外用薬で治療を行うケースが一般的です。
外用薬に含まれる抗真菌成分は、白癬菌の細胞膜を壊し確実に除菌していきます。
より早く水虫を治したいというのであれば、はやり市販薬よりも皮膚科で処方してもらえる、外用薬の方が効果は絶大です。
水虫は早めの治療で治るまでの時間も短くなります。まずは皮膚科を受診して検査を受けてみましょう。