抗真菌を詳しく解説

キッチンハイターで治療?冬場もなる水虫は抗真菌薬

水虫は春から夏にかけると、患者数が増える傾向にあります。
これは水虫を引き起こす白癬菌が、高温多湿を好む傾向にあるからです。
温度と湿度が高くなる春から夏は、白癬菌の活動も活発になり、水虫を発症しやすくなります。
ですが、最近は季節関係なく、水虫となる方が増えているようです。
実際、冬でも水虫で皮膚科を受診するケースは、少なくありません。
現代は冬でも暖房で室内の温度は、高くなっており白癬菌に感染してしまうリスクが高いのです。
また、特に女性の場合は足が蒸れやすいブーツを、冬に履く機会が多い為、水虫を発症しやすいと言われています。
もやは夏だけでなく水虫は、1年中発症する危険性があります。
皮膚の痒みやただれ、ジュクジュク感や水疱といった、水虫の症状が現れたら早めに対処しましょう。
水虫は多くの方が悩む皮膚病という事もあり、数多くの民間療法が伝えられています。
中でもキッチンハイターを使った対処法は、効果が高いとしてインターネット上にも紹介されている程です。
白癬菌はカビの仲間という事もあり、カビを除菌できるキッチンハイターで水虫を治そうというのです。
薄めたキッチンハイターに、患部を浸すという簡単な方法という事もあり、実践している方も少なくありません。
ただ、この対処法は肌を傷めてしまう恐れがあるので、行わないようにしましょう。
白癬菌は皮膚に付着すると、角質層という部分に入り込みます。
ここまで感染が広がってしまうと、皮膚科での治療でなければ除菌できません。
キッチンハイターを使っても、皮膚を傷めてしまうだけです。
皮膚科では白癬菌に作用する、抗真菌薬で治療を行います。
抗真菌成分を配合した外用薬で、治療するケースが多いようです。
水虫は民間療法で完治する事は、ほぼ無いので早めに治療を受けましょう。