抗真菌を詳しく解説

ジュクジュク水虫は民間療法で無く抗真菌薬で治療

水虫と一言でいっても症状は様々です。
皮膚がジュクジュクとただれたようになる症状は、趾間型というタイプの水虫で多く見られます。
趾間型は足の指と指の間が水虫になるタイプで、皮膚がジュクジュクとめくれたり、強い痒みを伴うのが特徴です。
また、足の臭いが強くなる傾向にもあります。
見た目も悪いのはもちろん、水虫は他人に移してしまう恐れのある皮膚病という事もあり、病院へは行かずこっそりと治したいと考える方も少なくありません。
日本では5人に1人が、水虫経験者と言われている程、水虫は広まっている皮膚病です。
この事もあり、多くの民間療法が伝わっています。
水虫は白癬菌というカビの1種が、皮膚の角質層に感染する事で起こります。
民間療法では殺菌作用のある塩や酢に、患部を浸す方法が多く見受けられます。
この他にもろうそくで患部に熱を与えたり、カビを除菌できる漂白剤をつけるなど、過激な民間療法まであるようです。
実際、このような民間療法で水虫を完治する事はできるのでしょうか?
1度、水虫になってしまったら、民間療法で治すのは難しいようです。
痒みなどが収まり治ったように見えても、皮膚表面にいる白癬菌が除菌されただけで、角質層にいる白癬菌は残っているケースがほとんどです。
ですので、民間療法では症状がぶり返す場合がほとんどです。
また、皮膚がジュクジュクとしている水虫は、沁みたりするので民間療法では無く、きちんとした治療を受けて治しましょう。
皮膚科では抗真菌薬で治療を行います。
ジュクジュクタイプの水虫は液体の薬剤では、沁みて痛みを感じやすいので、クリームタイプの外用薬を処方されるケースが多いようです。
正しく治療を行えば多くの方は、3か月程度で治ると言われています。