抗真菌を詳しく解説

食べ物で水虫を治せる?医師の診察で抗真菌薬で治療

水虫は白癬菌というカビの仲間が、皮膚の角質層に感染する事で起こる皮膚病です。
感染症ですので水虫になってしまうと、他人に移してしまう恐れがあります。
他人に移してしまう可能性もあるという事で、水虫=恥ずかしいというイメージが定着しており、水虫のような症状を感じても皮膚科を受診しない方も少なくありません。
水虫は日本でポピュラーな皮膚病、そして恥ずかしい皮膚病というイメージがある為、民間療法も数多く存在しています。
その中の1つに挙げられるのが、食べ物を使った対処法です。
お酢や塩といった殺菌作用のある食べ物を、患部に塗ったりつける事で白癬菌を除菌しようとする民間療法があります。
確かにお酢や塩には殺菌作用がありますが、白癬菌にも効くのでしょうか?
残念ながら1度、白癬菌が角質層にまで入り込んでしまうと、お酢や塩で除菌する事はできません。
水虫を発症してしまったら、治療でしか完治はできないのです。
また、水虫と同じような症状を起こす、他の皮膚病もあります。
本当に白癬菌に感染しているかどうかを知る為にも、まずは医師に相談する事がおすすめです。
白癬菌がいると認められたら、抗真菌成分を配合した外用薬での治療となります。
抗真菌成分は白癬菌の細胞膜を壊し、除菌する効果があるのです。
外用薬は症状が出ている所だけでなく、その周りにも塗りましょう。
白癬菌は症状が出ていない部分にも、潜んでいる恐れがあります。
広範囲に外用薬を塗れば、白癬菌をより除菌しやすくなります。
ただ、日頃から皮膚の免疫力を高めるビタミンCや、ビタミンAを多く含む食べ物を意識して食べれば、白癬菌に感染するリスクが多少減るかもしれません。
予防としては食べ物でのケアも有効でしょう。